About Ari

この作成者は詳細を入力していません
So far Ari has created 19 blog entries.

個展のお知らせ

2019-11-08T22:16:21+09:00

アート&クレイ二人展 「姉妹と妖精のバイオリン音楽会」 リーパスプラザにて23日まで展示されることになりました。 Ariの絵本原画とstory、nacoの絵本キャラクターの造形人形やクリスマスリースや沢山のお花を花器にアレンジしたものを展示しています。お近くの方は観て頂けると嬉しいです💛

個展のお知らせ2019-11-08T22:16:21+09:00

さくらんぼのたねopen

2019-11-01T22:19:04+09:00

ホームページの作成をお願いしてから何度も打合せをしてきましたが・・ やっと10月31日の今日オープンすることが出来ました!! まだ細かい修正は残っていますがこれからどんどん投稿していきますのでよろしくお願い致します。 BLOGページで作品アップ、NEWSページで活動のお知らせなどを載せていきます。 今回お世話になったChevalier様、素敵なサイトを作って下さりありがとうございました。 10月に見た大きな虹のように癒されるお店になるよう頑張っていきたいと思います💛💛

さくらんぼのたねopen2019-11-01T22:19:04+09:00

手作り雑貨市

2019-10-31T22:18:23+09:00

10月26日 昨年、Ariがペットボトルアート教室をさせて頂いた「エコロの森」で開催された手作り雑貨市にハロウィンのマグネット作り体験で出店しました😊 朝から沢山の子供達が体験してくれました⤴︎5時間で35人!!ハロウィンの置物も購入して頂いて✨大忙しであっという間に時間が経ちました🎶 エコロの森のスタッフの皆様、体験をして頂いた皆様ありがとうございました💕

手作り雑貨市2019-10-31T22:18:23+09:00

福祉祭

2019-10-31T22:20:52+09:00

10月6日 地域の福祉祭に「粘土こねこね体験」ハロウィンマグネット作りで出店参加しました☺️ 子供達19人、大人の方1人の計20人。30個のマグネットを作り購入して頂けました✨ 顔などはペンで描いてもらったのですが子供達それぞれの個性があって可愛かったです💞 途中、うさぎさんが作りたい子がいたりして急遽見本作ったりバタバタしましたが💦

福祉祭2019-10-31T22:20:52+09:00

粘土細工体験教室

2019-10-31T21:46:04+09:00

8月27日 地域センター「ゆい」にて粘土細工体験教室をさせて頂きました。 野菜や果物、お地蔵様や招き猫を作って頂きましたが皆さん笑顔で楽しんで頂いたようで良かったです✨ 地域センターの方々が作られたキャラクター達も完成度高くて可愛くて❣️ 雨の酷い中なのに沢山の方々に集まって頂き、参加者の方々、地域センターの方々、ありがとうございました💕

粘土細工体験教室2019-10-31T21:46:04+09:00

エコちゃんの夢物語

2019-11-01T22:16:10+09:00

北九州の洞海湾で生まれ育ったエコちゃんは絵本作家になることを夢見て小倉の絵の専門学校に通いつつ、絵本作家の先生のアシスタントをしています。 ある時、エコちゃんは若松の実家に帰ってきたときに、ポンポン船の船着き場のベンチに座ってツイツイうとうとしていたら・・ 本作品は10枚の絵本をJPGファイルにして電子配信します、絵本バージョンや紙芝居バージョンとして楽しめます。

エコちゃんの夢物語2019-11-01T22:16:10+09:00

母里太兵衛と槍(日本号)の物語

2019-11-01T22:17:28+09:00

日本の中世の戦国時代末期、福岡の武士である「母里太兵衛」と彼の槍である「日本号」にまつわる物語を12枚の絵本にしました。 JPGファイルでの電子ブック配信、絵本バージョンと紙芝居バージョンなどで使用することが出来ます。 母里太兵衛とは、後の福岡藩主となる大名の黒田家、その中でもナンバーワンの強者であり、槍の名手で大酒呑みの武士である。 彼はある時、主君の使いで大名の福島正則の城へと訪れたものの、正則の挑発で酒飲み比べを行い、勝利した太兵衛は正則の槍「日本号」を褒美としてもらい受ける。 その後、太兵衛は「日本号」を使い、様々な戦いに勝利してゆくが、大陸での戦いで槍をトラにくわえられ、そこに手助けに来た後藤又兵衛に譲られたとの逸話もある。 「日本号」とは、日本号とは天下三名槍の一つで、天皇や将軍の手を経て戦国大名の福島正則の所有となり、やがて母里太兵衛の手に渡り現在では福岡市博物館に所蔵されている。 全長3メートルを超える大槍でかつ、美しく手の込んだつくりである。

母里太兵衛と槍(日本号)の物語2019-11-01T22:17:28+09:00
Load More Posts