E-Books2019-09-18T12:39:44+09:00

E-BOOK

アートや絵本やファンタージ―などの物語を素敵な絵や挿絵を添えて表現しています。

魅力的な世界観で主人公の冒険の物語を存分に楽しんでください。

Contact

クランプスとなまはげ

東北に住む家族、雪深い冬の夜におばあちゃんが囲炉裏を囲んだ団らんの時になまはげの物語をかたっています。 恐怖を跳ね返すように反発する少年、しかしその夜、彼に訪れた恐怖の物語が・・ 本作品は木炭での描写となります、数枚の絵本でJPGファイルにして電子配信します、絵本バージョンや紙芝居バージョンとして楽しめます。

エコちゃんの夢物語

1月 28th, 2019|0 Comments

北九州の洞海湾で生まれ育ったエコちゃんは絵本作家になることを夢見て小倉の絵の専門学校に通いつつ、絵本作家の先生のアシスタントをしています。 ある時、エコちゃんは若松の実家に帰ってきたときに、ポンポン船の船着き場のベンチに座ってツイツイうとうとしていたら・・ 本作品は10枚の絵本をJPGファイルにして電子配信します、絵本バージョンや紙芝居バージョンとして楽しめます。

母里太兵衛と槍(日本号)の物語

1月 28th, 2019|0 Comments

日本の中世の戦国時代末期、福岡の武士である「母里太兵衛」と彼の槍である「日本号」にまつわる物語を12枚の絵本にしました。 JPGファイルでの電子ブック配信、絵本バージョンと紙芝居バージョンなどで使用することが出来ます。 母里太兵衛とは、後の福岡藩主となる大名の黒田家、その中でもナンバーワンの強者であり、槍の名手で大酒呑みの武士である。 彼はある時、主君の使いで大名の福島正則の城へと訪れたものの、正則の挑発で酒飲み比べを行い、勝利した太兵衛は正則の槍「日本号」を褒美としてもらい受ける。 その後、太兵衛は「日本号」を使い、様々な戦いに勝利してゆくが、大陸での戦いで槍をトラにくわえられ、そこに手助けに来た後藤又兵衛に譲られたとの逸話もある。 「日本号」とは、日本号とは天下三名槍の一つで、天皇や将軍の手を経て戦国大名の福島正則の所有となり、やがて母里太兵衛の手に渡り現在では福岡市博物館に所蔵されている。 全長3メートルを超える大槍でかつ、美しく手の込んだつくりである。

Order

ご注文はこちら(さくらんぼ商会)からお願いします。作品についての詳細、支払い方法や郵送についてメールにてお伝え致します。

Contact